ボランジェは、世界中に愛好家をもつ有名なシャンパンのメゾンです。映画「007」でジェームズ・ボンドが愛飲したことでも有名です。1829年にシャンパーニュ地方アイ村で、創設者であるジャック・ボランジェによって造られました。1941年に妻が経営を引き継ぎ、それまで以上の厳しい品質基準を設けてメゾンを盛り立てました。その基準は今でも守り続けられ、設立当時から変わることなくその一族によって、一貫したスタイルとその魅力を守り続けています。 1884年からは英国王室御用達を拝命する希少なシャンパンのメゾンのひとつとなっており、2012年には、フランス経済・財務・産業省から「無形文化財企業(EPV)」の認定ラベルを取得し、その水準の高さが証明されました。
原料のブドウの約7割は、広大な自社のブドウ畑から供給されており、その畑の品質はシャンパン造りに最良とされるグランクリュとプルミエクリュで構成されます。オーク樽での発酵やカーヴでの長期熟成などの様々な魅力を持っており、このような歴史ある醸造法と厳格な基準による品質の高さゆえ、世界的なシャンパンとして名声を得ています。
基準は創設時から厳しく保たれ続けてきましたが、1992年に当時のトップであったクリスチャン・ビゾーがメゾンの方針を「倫理と品質の憲章」としてまとめました。その内容としては、ワインを全て自社で醸造すること、自社畑(60%以上)の使用によりメゾンの変わらぬスタイルを保障すること、グランクリュとプルミエクリュを使用すること、ピノ・ノワールをアッサンブラージュの基礎に置くこと、一番搾りのみ使用すること、発酵はオーク樽で行う事、リザーヴワインの大半をマグナムボトルで保存すること、ワインは長い時間をかけてじっくり熟成させること、ラ・グランダネ、R.D.リザーヴワインはコルク栓を詰めて寝かせること、ドザージュを少量に抑えることなどが定められており、この憲章の存在が魅力を損なわず、愛され続けている理由の一つと言えます。

▼参考情報▼
シャンパン探しの決定版!シャンパンのおすすめ情報が盛りだくさんの
こちらのサイトが便利です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
人気シャンパンのおすすめ1本が見つかります(URL:http://シャンパン.jp.net)

世界中で愛され、シャンパンの代名詞とも呼ばれるルイ・ロデレールは、フランスのランス市で1776年、デュボア家によって創設されたシャンパーニュメゾンです。メゾンは、創設から200年以上 Read the rest of this entry…

現在では物流手段の発達もあり、日本においてもワインやビールなど多種多様な世界各国のお酒が飲めるようになっていますが、スパークリングワインの中でも代表的な存在であるシャンパンは、 Read the rest of this entry…

ペリエ ジュエは1811年にシャンパーニュ地方エペルネに設立されたメーカーで、アート・オブ・シャンパンとも称される高品質のシャンパンです。1861年にはイギリスのヴィクトリア女王の御用達となり、 Read the rest of this entry…